沿革
大正10年 初代内田伊三郎氏が大阪市船場(現在の中央区)に合資会社内田商店を設立。
昭和18年 初代内田伊三郎氏が死去。
昭和20年 第二次大戦の影響を受け、会社を整理。
昭和30年 二代目内田光雄氏が大阪市生野区で独立し、眼鏡卸業内田商店を再興する。
昭和44年 内田商店を株式会社に改組し株式会社内田屋を設立。
昭和50年 事務所を生野区から天王寺区に移す。
昭和60年 フレーム産地の福井県鯖江市に株式会社NOVAを設立、PB商品の製造を始める。
平成 元年 東京に営業所を開設する。
平成 5年 社長内田光雄氏は会長となる。中束洋一氏が社長に就任。
平成 6年 代表取締役会長内田光雄氏が亡くなり、夫人の内田八重子氏が代表取締役会長に就任する。
平成 8年 海外有名アイウェアブランドの取扱いを始める。
平成13年 オリジナルブランドの商品の企画・開発を本格的に着手。
平成21年 海外ブランド「X−iDE」の国内総代理店と認定される。
平成21年 設立40周年を迎える。
平成25年 内田賢吾氏が社長に就任。

 

 

このページの先頭へ戻る