コミュニケーションサポートシステム

  COMUOON(コミューン)

   
   
   

 

【お子様の脳へ やさしい英語力を】

1

グローバル社会において、英語はお子さまの可能性を広げる上で欠かせない科目となりつつあります。
文部科学省でも、2020年より小学校3年生からの英語教育必修化を発表。

そんな中、難聴のお子さまの多くが英語に苦手意識を持っているという現実があります。
難聴のお子様だけでなく、通常のヒアリングにも効果が発揮されます。

そんなお子さまの力になりたいと、「comuoon(コミューン)」を活用し、
クリアな英語を再現する機器として有用されております。

 

1

1

広島大学 宇宙再生医療センターとの研究で、語音再生の忠実度が高いcomuoonを
利用した場合、大脳皮質レベルにおける語音弁別の有用性が示されました。

 


 

 

<理解促進映像>

 

 

 

 

comuoon SE/comuoon connectが

グッドデザイン賞、

グッドデザインベスト100をダブル受賞しました。

 

 

 

 

[導入事例]

 

上記のような各公共機関だけでなく

「お寺」「企業」「在宅医療」など

様々な分野での導入が成功されております。

 

 

 

「聴こえやすい」を、みんなのあたり前に。 聴こえにくい、ということ。
目には見えないその問題を、抱えながら暮らしている人たちがたくさんいます。
その悩みをなくし、誰もが聴こえやすい社会をつくることはできないか。
そんな想いから、

コミュニケーションサポートシステム「comuoon」は誕生しました。
それは、話者側でできる全く新しい聴こえの支援。
新しいみんなのあたり前が、いま少しずつ広がっています。

 

「comuoon(コミューン)」とは

「communication(コミュニケーション)」と

「cocoon(コクーン:繭の意)」を合わせた造語です。

「全く新しい聴こえのカタチが生まれる」という意味が込められています。

 

 

 

「聴こえやすい」を実現するためには、
様々なハードルを乗り越える必要がありました。

 

 

★メディア情報★

テレビ番組にて紹介されています。

 

CS西九州電設株式会社(通称 ひまわりてれび)

(2017年5月放送)

 

 

テレビ東京系列 ワールドビジネスサテライト

(2016年8月24日放送)

 

 

TBS系列 夢の扉+(プラス)

(2014年9月14日放送)

 

 

2014年グッドデザイン 特別賞

「グッドデザイン・ものづくりデザイン賞」を受賞

 

 

パンフレット ダウンロード

 comuoon(コミューン)

卓上型支援システム comuoon(コミューン)

ワイヤレス型支援システム comuoon(コミューンコネクト)

 

 

   
   
   

 

 

 

ユニバーサル サウンド デザイン社:http://u-s-d.co.jp/

 

内閣府 HP:http://www8.cao.go.jp/

 

厚生労働省 :http://www.mhlw.go.jp/

 

 

 

 

 

     

 

 

このページの先頭へ戻る