聴こえにくいとは?

聴こえている人たちは、

「聴こえにくいことの大変さ」を、

なかなか理解してくれない

 

 

━聴こえにくいことでどういうことが起きるのか?━

 

【聞き手】

@聞き間違いや、聞き漏らしが増え、聞き返すことが多くなる。

Aテレビが爆音になり、家族とともに楽しめない。

B会話を避けるようになる。

C脳が聴き取ることに集中しすぎて、疲れてしまう。

D認知症の進行が加速してしまう影響

 

【話す側】

@話す声が大きくなり、コミュニケーションに負荷がかかる

A耳の仕組みや、聴こえの理解が乏しく、解決策がわからない。

 

   

双方にとって、ミスコミュニケーションが起き

聴こえにくい方本人が孤立していってしまいます。

 

相手が聴こえにくい場合に、

私たちが通常行っていることは完ぺきではありません。

 

筆談 ⇒ すべての会話を書き写すのは難しい

手話 ⇒ 手話を使える人はどうしても少ない

耳元で話す ⇒ 相手の表情が見えない

大声で話す ⇒ 怒ったように聞こえてしまう

   

 

そこで

 

話者側からも協力し、より聴こえやすい環境をつくる事が必要です

 

 

聴者の方が、補聴器で「聴こえ」を改善するだけでなく

『話をする側からも聴こえやすい環境を作る』

 

それが

卓上型コミュニケーションサポートシステム

comuoonです。

 

 
 
 
コミューンとは?開発者について
 
 
聞こえにくいとは? 商品説明
 
 
ご利用にあたって 内閣府より
 

 

 

このページの先頭へ戻る